しばらく更新をサボってしまっていた「棋士・女流棋士出身地マップ」ですが、10月1日付けで新四段が3名誕生したのを機に、データを更新したのでご紹介します。

棋士・女流棋士出身地マップとは?

棋士・女流棋士出身地マップは、日本将棋連盟 Web サイトの棋士データベースに掲載されている各棋士の出身地データを元に、地図上にマッピングしたものです。

棋士・女流棋士出身地マップ

上のリンクより、制限もなく自由に見られますので、よろしければご覧になってみてください!

3名の新四段が追加されました

今回の更新で、10月1日付けで四段に昇段した3名の棋士を追加しました。

棋士番号324番の伊藤匠四段。東京は密集しているので探すのがちょっと大変かも・・・。

棋士番号325番の冨田誠也四段。伊藤四段と違って、兵庫県の辺りをちょっと拡大すればすぐ見つかりますね。

そして、棋士番号326番の古賀悠聖四段です。すぐ左隣りには師匠の中田功八段のアイコンも見つかります。

新四段の御三方、昇段おめでとうございます!

おわりに

今後はサボらずにこのマップ更新したいと思います!(更新後はいつもそう思う…。)

令和2年版 将棋年鑑 2020

令和2年版 将棋年鑑 2020

日本将棋連盟
5,060円(10/30 22:03時点)
発売日: 2020/09/21
Amazonの情報を掲載しています

この記事を書いた人

ko31

電王戦をきっかけに20年ぶり以上に将棋熱が再燃した、観たり指したりするのが好きなヘボ将棋ファン。
群馬在住繋がりで藤井九段の本で振り飛車勉強中ですが、根っからの三日坊主につき&頭の回転が悪くなかなか棋力が向上しません。将棋ウォーズによく出没しています。
>>詳しいプロフィールはこちら

合わせて読みたい記事