タイトルそのまんまですが、生まれて初めて『オール讀物』を買いました。

購入したのは、1月22日に発売されたばかりのこちら2月号。

「オール讀物」令和3年2月号
オール讀物2021年2月号

オール讀物2021年2月号

1,000円(05/17 16:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

普段そんなに読書家でもない私が、なぜこのような小説紙に手を伸ばしたかと言いますと・・・。

というわけで、『オール讀物』創刊以来初の将棋特集!と目にしたからには、ぜひ買ってみずにいられなかったわけです。

昨年から『Number』で将棋特集が組まれるようになったり、文春将棋「観る将棋、読む将棋」コンテンツがとても充実していたり(WebTwitter)と、ここ最近の文藝春秋さんの将棋熱のこもり具合には目をみはるものがありますね。

さて、『オール讀物』の将棋特集。

パラッと目次を眺めただけでも、

  • 将棋に縁の深い黒川博行さん、柚月裕子さんの将棋エピソード対談
  • 作家が語る「わたしの偏愛棋士」
  • 特別書き下ろし将棋小説

など、小説紙ならではの興味深いコンテンツが並んでいてかなりワクワクさせられます・・・。

「オール讀物」令和3年2月号 目次より

実はさっき書店で買ってきたばかりで、まだ中身に目を通してないんですが、この週末にステイホームしながら読む将棋を堪能したく思ってます。

読む将のみなさまも、ぜひお見逃しなく!

オール讀物2021年2月号

オール讀物2021年2月号

1,000円(05/17 16:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事を書いた人

ko31

電王戦をきっかけに20年ぶり以上に将棋熱が再燃した、観たり指したりするのが好きなヘボ将棋ファン。
群馬在住繋がりで藤井九段の本で振り飛車勉強中ですが、根っからの三日坊主につき&頭の回転が悪くなかなか棋力が向上しません。将棋ウォーズによく出没しています。
>>詳しいプロフィールはこちら

合わせて読みたい記事