将棋ライターの松本博文(@mtmtlife)さんが、Twitter 上で将棋に関するペーパークイズ150問を公開しています。

そのツイートがこちら。

リンク先の Google フォームからは誰でも実際にそのクイズを解答して、すぐに得点が分かるようになっています。

というわけで、さっそく私もチャレンジしてみました。

将棋ペーパークイズ150問にチャレンジ!

さて、ペーパークイズにチャレンジしてみたわけですが・・・、

将棋クイズ王ペーパークイズ
む、むずい・・・。

む、難しいっ!詳しい方にとってはウォーミングアップ程度なんでしょうが、1問目から答えが分かりませんよ・・・。

やったのが夜中だったのと、分からない問題が多すぎて、全体的にヤマ勘の解答だらけになってしまいましたが、どうにかこうにか150問を終えて終局。

さて、その結果は・・・

将棋クイズ王ペーパークイズ
残念な結果に・・・。

得点は65点と惨敗。。自信を持って答えられたのはその半分くらいだったので、実質はもっと低いレベルですね。いやー、難しかったです。

なお、382人解答時点での集計では、平均点が79.4点とのこと。私はかなり下の方だったようです(笑)チャレンジしているのが関心の高い人中心というものあるでしょうが、将棋好きのみなさんの博識ぶりに感心します。

最高得点者は?

しかし、世の中には本当にすごい人がいるものです。

そもそもこのペーパークイズは「第4回将棋クイズ王決定戦」というイベントの中で使われたものが元ネタだったんですが、

その出場者の中で最高得点だったのが、銀杏(@ginnan81)という Twitter アカウントで有名な将棋観戦記者の君島俊介さん。

その得点はなんと131点!これは神の領域ですね、レベルが違いすぎて言葉がありません…。

おわりに

このペーパークイズを公開してくださった松本博文さん、どうもありがとうございます。私には難しかったけど、とても楽しませて頂きました。

ペーパークイズはリンク先からどなたでも解答できるようになっていますので、将棋好きな方はぜひやってみてはいかがでしょうか!