A級順位戦最終局から前代未聞の6人プレーオフへ、そして初タイトル奪取を目指しての王将戦とここ最近対局に大忙しの豊島将之八段。

その豊島八段が先日のプレーオフ第1局久保利明王将戦から、珍しい「新手」を投入し始めたことが話題になっているようです。

その「新手」とは?

その「新手」とはこちらです。

棋士が対局時に使用する変わったアイテムとして、最近だと永瀬拓矢七段の冷えピタシート(元祖は丸山忠久九段)や佐藤天彦名人のリップクリームあたりが印象的ですが、耳栓というのは棋士間でも珍しい「新手」だったようです。

そもそも耳栓は作業に集中するために使われることも多いものなので、今まで使う棋士がいなかったというのも逆に意外な気もしますけどね。

オレンジの耳栓

余談ですが、私がこの話題に気になったのには理由がありまして。

先日、松本に出かけた時に泊まったカプセルホテルの受付で無料の耳栓を配ってたんでそれをもらってきたんです。

それがこちらの耳栓。

オレンジの耳栓

中身を出すとこんな感じ。オレンジが鮮やかな耳栓です。

オレンジの耳栓

前述の「新手」を見かけた時に、これって豊島八段がしてた耳栓に似てない?という気がして、一人勝手にテンションが上がってしまったのでした(笑)

実際に豊島八段が何の耳栓を使っているか公表されることがあるかどうか分かりませんが、何かの機会にそんな話も取材してもらえると面白いですね。

おわりに

そんな豊島八段はただいま久保王将との王将戦第5局の真っ只中。

3勝1敗と優位に立つ久保王将が防衛するか、ここから豊島八段の巻き返しがなるのか。こちらの熱戦にも注目ですね!